酪酸菌と短鎖脂肪酸

食べても太らない体質は簡単に作れる!?

たくさん食べているのに太らない人って腹が立つほど羨ましいですよね。そういう人たちの体は一体どうなっているのか、不思議に思ったことはありませんか?

食べた分だけ動いてるから、代謝が良くてすぐに消費できるから、それだけではないんです。
実はに秘密がありました。
それも単に便通が良いだけでなく、『天然のやせ薬』とまで呼ばれる成分を作り出す腸内細菌が存在していたのです!

この腸内細菌を増やせば誰でも簡単に痩せられる!と話題になっています。

腸内細菌が乱れるとデブになる!?

 

 

 

腸内フローラという言葉を最近よく見聞きしませんか?

 

腸内フローラとは、腸内にお花畑のように棲み付いている細菌のことですが(その数なんと約3万種、100兆個!)、この腸内フローラの乱れが肥満の原因になるという驚きの研究結果が2013年に発表されたのです。

 

ことの発端は、アメリカで行われた糞便移植。
感染病患者の治療の一環として、健康な人の便の一部を腸内へ移植するという方法がとられました。

 

 

そこまでは良かったものの、問題だったのは便の提供者が太めな方だったこと。その便を移植された患者さんは、なんと急激に15kgも太ってしまったのです。

 

その後に行われた実験でも同様の結果が表れたことで、肥満の原因は腸内フローラの乱れにあることが明らかになり、痩せるためには腸内フローラを整えることが必要だという認識が広がり始めました。

「でぶ菌」と「やせ菌」の黄金バランス

腸内細菌のうち、善玉菌や悪玉菌については昔から馴染みがありますが、最近では「でぶ菌」「やせ菌」というものに注目が集まっています。

 

なんだか恐ろしいひびきですが(特にでぶ菌)、善玉菌や悪玉菌のように腸内に存在する細菌のことです。腸内菌は大きく分けると善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つになりますが、でぶ菌・やせ菌は日和見菌に属しています。

 

感染することはまずありませんが、上記の糞便移植のような場合だと、文字通り「デブがうつる」ということになります。

 

そんなでぶ菌とやせ菌は、それぞれ体内でどんな働きをしているのでしょうか。

 

まずはでぶ菌。こちらは「肥満型腸内細菌」や「ファーミキューテス」と呼ばれるもので、肥満型の人ほど腸内に多く存在しています。

 


消化物のうち、不要なものまで体内に溜め込んでしまう性質があり、でぶ菌が多いほど太りやすくなります。

 

 

一方のやせ菌は「痩せ型腸内細菌」や「バクテロイデス」と呼ばれ、脂肪の取り込みを防いだり、脂肪を燃焼させたりする性質を持っています。

 

つまり、食べても太らない人は腸内にヤセ菌が多く、やせ菌自体がまるでダイエットサプリのような働きをしてくれるため、余分な脂肪を蓄えることがないのです。

 

 

ヤセ菌とデブ菌のバランスは6:4が理想とされ、それよりもデブ菌が増えてしまうと太りやすい体質になってしまいます。

 

実際に肥満体型の方のバランスを調べてみると、3:72:8というように、圧倒的にデブ菌が多く存在しているんです。

 

腸内環境は食生活がダイレクトに影響しますが、特に肉ばかり食べているとデブ菌は増殖します。

 


もともと日本人は欧米人に比べてヤセ菌の多い体質でしたが、食の欧米化によってデブ菌が勢力を増しているのです。

あなたは大丈夫?腸内フローラチェック!


あなたの腸内でもデブ菌が増えていませんか?
まずは現状把握、腸内フローラの状態をチェックしてみましょう。

 

便やおならが臭い

 

便秘気味、便が固い

 

インスタント食品や外食が多い

 

お肉や揚げ物、ファーストフードが大好き

 

BMI値が高い

 

風邪をひきやすい

 

肌が荒れやすい

 

運動をあまりしない

 

生活が不規則

 

3つ以上あてはまる方は要注意!
腸内フローラが乱れていると太りやすくなるだけではなく、生活習慣病にもなりやすくなってしまいます。

 

今までどんなダイエットを試しても痩せなかったという方は、もしかしたら腸内環境に問題があるのかもしれません。

 

腸内フローラを整えるだけで簡単に10kg痩せたという実例もあるので、効果の出ない辛いダイエットは終わりにして、ヤセ菌を増やすことに着目してみましょう。



腸内のヤセ菌を増やす方法とは?

食べても太らない体質をゲットするためには、とにかくでぶ菌を減らしてやせ菌を増やすこと!

 

 

やせ菌は短鎖脂肪酸という成分を作り出すのですが、この短鎖脂肪酸こそがキーポイント。

 

①オリゴ糖や食物繊維などをエサにしたやせ菌が短鎖脂肪酸を作り出します。

 

 

②やせ菌によって生み出された短鎖脂肪酸は、

腸壁を介して血液中に入り、全身を巡ります。

 

 

③短鎖脂肪酸が交感神経にたどり着くと、

交感神経にある受容体(センサー)が短鎖脂肪酸を感知。

同じように脂肪細胞でも受容体が短鎖脂肪酸を感知します。

 

 

④短鎖脂肪酸の働きによって、

交感神経では心拍数の増加や体温の上昇など、

代謝の活性化が起こります。

また、脂肪細胞は脂肪の吸収をやめ、

むやみに栄養吸収をしなくなります。

 

 

⑤さらに短鎖脂肪酸の一種、酢酸

脳内の視床下部に働きかけます。

視床下部は食欲をコントロールする場所。

酢酸が届くことによって食欲を抑えることができるのです。

 

 

食べても太らない体になる秘密は、こういった短鎖脂肪酸の働きのおかげだったのです。

短鎖脂肪酸を作り出すサプリメント

 

短鎖脂肪酸ややせ菌に注目が集まる今、若い女性を中心に人気なのが腸内フローラダイエットサプリの『LAKUBI』です。

 

 

 

LAKUBIは効率的に短鎖脂肪酸を作り出せるサプリです。

 

ヤセ菌の大好物であるオリゴ糖
デブ菌を減らすサラシアエキス
ダイエットをサポートする成分
さらに短鎖脂肪酸を作り出す酪酸菌が1700万個も含まれています。

 

 

オリゴ糖は、善玉菌も増やすので腸内環境が全体的に良くなり、ヤセ菌が活発に働きやすくなるという嬉しい相乗効果があるのです。

 

毎日100円の乳酸菌飲料を飲んだとしても1ヶ月で3,000円はかかるので、LAKUBIだとコスパも良いですね。
さらに現在は初回に限り990円で試せるキャンペーンを行っています。

 

公式HPには「初回モニター募集」と書かれていますが、これは「初回価格で試せますよ~」という意味で、体験談や口コミなど特に何もする必要はないので安心してくださいね。

 

 

腸内フローラダイエットで、憧れの「たくさん食べても太らない人」になり、周りの人から羨ましがられちゃいましょう♪