天然の痩せ菌と呼ばれる短鎖脂肪酸って一体何?

LAKUBI-ラクビ-を試す前に知っておくべき、天然のやせ菌「短鎖脂肪酸」のパワーとは?

腸活や腸内フローラなど、「腸」に関する話題を最近よく耳にしませんか?
テレビや雑誌で頻繁に取り上げられ、美腸サロンなんかも現れるほど、腸に対する関心が非常に高まっています。

 

その中でも、今1番注目されている成分が「短鎖脂肪酸」。
短鎖脂肪酸とは、一体どんな働きを持っているのでしょうか。

注目の短鎖脂肪酸って何?

短鎖脂肪酸は、食べたものを腸内でバクテロイデスなどの細菌が分解することによって作り出されます。
そうして作り出された短鎖脂肪酸は血液中に入り、全身へ運ばれていきます。

 

脂肪細胞へ辿り着くと、脂肪細胞のセンサーが短鎖脂肪酸をキャッチ。
すると、脂肪細胞は栄養の吸収をやめ、脂肪を溜め込まなくなります。

 

そもそも肥満は、この脂肪細胞が血液中の栄養分を吸収し続けてどんどん肥大化していくことが原因で起こるので、短鎖脂肪酸のこの働きによって肥大化を妨げることができるのです。


まさに「天然のやせ菌」の名に恥じない働きですね。

短鎖脂肪酸増やす方法は?

短鎖脂肪酸を増やす方法は主に2つあります。

 

短鎖脂肪酸を作りだすバクテロイデスを増やす

上記で説明した通り、バクテロイデスの数が増えれば、必然的に短鎖脂肪酸も多く作り出されることになりますよね。
バクテロイデスを増やすには、オリゴ糖や酵素、食物繊維などを摂取することが効果的!
特にオリゴ糖は、善玉菌のエサにもなってくれるので、食物繊維などと一緒に摂ると相乗効果が生まれるのでおすすめです。

 

でも食物繊維も気を付けていっぱい食べるようにしているし、ヨーグルトや酵素ドリンクも飲んだけどイマイチだったという人もいますよね!そういう人には次の方法がおすすめです!

 

短鎖脂肪酸を作る能力が高い酪酸菌を摂取する

酪酸菌(酪酸菌)もビフィズス菌のように体外から摂り入れることもできます。
ただ、漬物やチーズのように大量には摂取しづらい食品にごく少量しか含まれていないので、食品からその数を増やすのは難しいためサプリメントで摂取すると効率的です。

 

効率的なサプリメント

上記でお伝えした2つの方法。

どちらも同じくらいおすすめな方法ですが、両方とも同時に摂取できたらそれが一番!そんな希望を叶えてくれるのが、「LAKUBI ラクビ」という、今人気のサプリメントです。

このラクビ、天然の痩せ菌「短鎖脂肪酸」を作り出す酪酸菌だけでなく、腸活でおなじみの「ビフィズス菌」や「オリゴ糖」も一緒に摂取できるとっても効率的なサプリなんです。

 

キャンペーン中の今のうちに試してみてはいかがでしょうか。